求人企業の方

 

人材を必要とされている企業様
業界共通の問題点・・経営面・技術面
・許認可取得のためのハードルが高く、事業拡大を狙うが若手、中堅を生かすまでの時間が足りない。
・ベテランの退社(定年、再雇用終了)により、許認可取得の若手、中堅への継承がスムーズにいかない。
・現場管理の技術者不足で、将来のストックとも言える新規の受注調整を余儀なくされている。

SSBでは問題点をクリアするため、次のような人材が必要と考えます。

建設業許可取得、現場管理に必要な人材

優れたリリーフ役として、経験豊富なシニア層に
登場していただき企業様に紹介いたします。

その人材に必要とされている要件

 

その人材に必要とされている要件
経営業務の管理責任者・・・許可要件

・建設業にあって、5年以上取締役または、経営業務の管理者の経験があること。
・建設業にあって、5年以上経営業務の管理責任者に準ずる地位であって、補佐した経験があること。
・建設業にあって、6年以上経営業務管理責任者に準ずる地位で経営者を経営者を補佐した実績があること。

令和2年10月の法改正において、建設業の経営に関する経験は、建設工事の種類を問わない事になった。
また、上記経験が無くても、建設業+他業種役員経験の経験年数が5年以上ある場合は、
建設業の経営経験者を配置する事で経営業務の管理責任者となる事ができるようになった。
詳細については、問い合わせください。

専任技術者・・・許可要件
一般建設業・・次の1)~3)までのいずれかをクリアしている社員が必要
1)資格を持っている
定められた国家資格を有する者(一級、二級施工管理技士)

2)実務経験がある
10年以上の実務経験を有する者

3)学業+実務経験がある
定められた学歴を有し、3年以上もしくは5年以上の事務経験を有する者
・特定建設業・・次の1)~2)までのいずれかをクリアしている社員が必要
 1)資格を持っている
 定められた国家資格を有する者(一級施工管理技士)
 2)一般建設業の要件クリア+指導監督的経験がある
 一般建設業の要件を有して、かつ、許可業種において、元請として4.500万円以上の仕事を2年以上指導監督した経験を有する者

主任技術者、監理技術者・・・現場管理者要件
一定規模以上の現場には主任技術者の配置が必要です。特定建設業には監理技術者の配置が必要です。
主任技術者
1)資格を持っている
定められた国家資格を有する者(一級、二級施工管理技士等)

2)実務経験がある

10年以上の実務経験を有する者

3)学業+実務経験がある

定められた学歴を有し、3年以上もしくは5年以上の実務経験を有する者

監理技術者

1)資格を持っている
定められた国家資格を有する者(一級施工管理技士)

2)一般建設業の要件クリア+指導監督的経験がある
一般建設業の要件を有し、かつ、許可業種において、元請として4.500万円以上の仕事を2年以上指導監督した経験を有する者

3)監理技術者資格者証を有する者

SSBでは企業様の業種に合わせ、必要とされている経営者、技術の有資格者を紹介いたします。

下記フォームにご記入いただき、メール、電話にてお気軽に問い合わせください。
株式会社SSB
電話番号: 担当(鈴木)090-8580-5341